●短期間→疲れにくい。取れる。便通が良くなる。咳が止まる

便秘や下痢にはハッキリした効果があります。
一般には翌日、1週間以上の強度のものでも2週間くらいで良くなるのが普通です。
胃弱・胃下垂:食欲不振の人にも加熱したニンニクは大変良い働きをします。

●長期間→体力が付く。胃腸が強くなる。血管によい。ガンの予防。

年は血管とともに老いるといいます。
年齢を重ねると、血管の壁にコレステロールや繊維素がたまり、弾力がなくなってきます。
特に肝臓・腎臓・脳・心臓など細い血管がたくさん集まっているところに、色々な問題が生じます。
ニンニクは血液中のコレステロールや繊維素が血管の壁に付着するのを防ぐ能力を2倍以上に高めることが明らかとなっています。

ニンニクの成分はいろいろありますが、代表となるのは、アリイン。
これにアリナーゼという酵素が反応して出来るアリシンがいわゆる臭いの素でもあり、抗菌作用、抗ウイルス作用、血小板抑制作用をもたらし、
またビタミンB1と結びついてアリチアミンという成分に変化してビタミンの吸収力と効果を高めます。

ビタミン剤の「アリナミン」はここから生まれました。
また、ニンニクに含まれるミネラルであるゲルマニウムは、体の隅々に酸素を届け、制癌作用も認められています。

更に、無臭有効成分スコルジニンは、皮膚の末しょう血管を拡張させて血行を促進します。
総じて、疲労回復と疲労予防、そして体力強化・維持のためにこの上ない医食といえます。
ニンニクを上手に食卓にのせて、夏バテに、インフルエンザに、そして、ドラキュラに?抵抗できる強靭なからだをつくりましょう!

ニンニクは人間の体を内側から活力あふれた生命体に変えていく力があります。
元気な人がより元気になりたい場合にも、また、もともと元気のない人が人並みの元気を得たいと思った時にも、ともに大きな効果を発揮します。

健康な毎日の支えにニンニクを上手に利用する。
これは、今後様々な病気が増え、高齢者社会に向かう私達にとって健康とはかけがえのないもの。
ニンニクを上手に摂り続けた人には、確実に明るい未来があるといっても良いでしょう。

IMG_2527.JPG